IMG_8661

ども!アーチャンです!

先日、Twitterを見てたらTLに流れてきた
「氷出し緑茶」を試してみました!





我が家は両方の実家が日本茶に携わる仕事を
していたので、日本茶にはとても縁があるというか
基本的にコーヒーか緑茶かってくらい毎日飲みます。


緑茶の正しい入れ方としては
きちんとした茶器の「湯冷まし」を準備して
熱湯を70度くらいに冷ましてから急須に注ぐのが
美味しいお茶をいただく入れ方ですが、

我が家には湯冷ましもなく、
湯のみにお湯を入れておいて少し経ったら
急須にそのお湯を戻すというやり方。

忙しい時は直接熱湯を注ぎ入れて、
やや苦味の強い緑茶を飲んでいるわけです。


お湯の温度がちょうど良いと苦味と甘みがちょうど良い
美味しい緑茶が飲めるというのは知っていたのですが、
この氷でじっくり時間をかけて緑茶を抽出する方法を知って


「これは絶対甘いに違いない‼︎」 と思いました。


とりあえずまずは氷ではなく、
急須に茶葉を入れて冷水を注ぎ、
8時間後くらいに飲んでみました。


「めっちゃスッキリしてる‼︎ 美味い‼︎ 」


水出し緑茶って概念が今までなくて
一度もやったことがなかったのですが、
めっちゃ美味しかったです。


これは氷出しの緑茶はもっと美味しいに違いない。


夜に急須に茶葉と氷を沢山入れて
翌日に飲んでみました。


「ん〜なるほど、なるほど……深みがある。 」


水出しの方がペットボトルのお茶のように
子供でもごくごく飲めると思います。

氷出しは大人向けの甘みっていうんですかね。
お茶の苦味もありますね。

そして氷を急須にたっぷり入れておいても
飲める量はわずかです。なんなら朝まで氷
少し残っています。

てっとりばやく美味しい緑茶飲むなら
急須に茶葉入れて、冷えた水を入れて
一晩置いておくのが一番いいかなと思いました。


みなさんも一度、水出しと氷出しを
飲み比べてみてください!

我が家はこの夏、水出し緑茶で乗り切りま〜す‼︎ 









白 湯冷まし(後手) 40621



常滑焼9-224 淳蔵 織部横手湯冷まし AM-T1607